大鶴義丹の嫁は泰子?再婚相手の画像は?職業はブライダル?娘の名前と大学は?

大鶴義丹

数々の名演技で私たちを魅了してくれる、大鶴義丹さん。

彼も話題の多い人物ですが、元嫁や両親がすごかったようですね。

今の嫁はどういう人なのでしょうか。

大鶴義丹さんの家族や自宅住所を確認しましょう!

スポンサーリンク

元嫁はマルシア?子供は?

ずは、大鶴義丹さんの元嫁。 もう離婚しており他人ですが、気になりますよね?

実は、歌手で女優のマルシアさんでした!夫婦そろって有名俳優だったのですね。

マルシアさんは、1969年生まれで、現在48歳

2人の馴れ初めはどうだったのでしょう。

1994年、毎日放送のテレビドラマ「オレたちのオーレ!」で共演したことがきっかけで俳優の大鶴義丹と結婚。

大鶴義丹さんとマルシアさんの馴れ初めは、ドラマ共演でした。芸能人の馴れ初めとしてはよくあるパターンですよね(笑)

が、そんな2人はたった10年で離婚してしまったのです!

離婚した原因は性格の不一致とかでしょうか。

俳優の大鶴義丹がマルシアと離婚した原因は、彼が女性を自宅に連れ込んで浮気していた現場を帰宅したマルシアが目撃したことによるとされる。

不倫でした~(笑)しかも現場を嫁に目撃とか、まさにドラマそのもの。

考えられる限りもっとも痛い展開でしたね…(笑)

こうして10年で終わった2人の夫婦生活。 でも、実りとして、長女が生まれていました。

名前や年齢、顔などは明らかなのでしょうか。名前は変わっていて「弥安」といい、「びあん」と読むそうです。 1997年生まれで、今年で20歳になるみたいですね。

すると、大学がどこか気になりますが?

弥安(ビアン)さんが通っている大学については、公式に公表しているものが無いみたいですね(´・ω・`)」

大学は分かっていないみたいですが目撃情報だと國學院大學というのが濃厚のようです。渋谷で友達とお茶している姿が頻繁に見かけられているとか。

一方、弥安さんといえば、ネットでは「そっくり」というキーワードも。 何にそっくりなのか?

さんまさんからもお父さんにそっくりと突っ込まれる

大鶴義丹さんにそっくりということでした(笑)

一般人とはいえ、テレビ出演もしていますから、顔はネットですぐに確認できますよ!

再婚相手は?子供はいる?

マルシアさんとは10年で離婚してしまった、大鶴義丹さん。

現在は独身なのでしょうか。

もう再婚していたみたいですよ!離婚から10年以上も経ちますからね。

彼もまだ若いですし、自然なことでしょう。

再婚相手のプロフィールが気になります。

名前は、「泰子」さんというそうです! 大鶴義丹さんは実名なので、大鶴泰子さんですね。

馴れ初めはどうなのでしょう。

泰子さんの職業はブライダルのプロデュース をする会社に勤務してて、偶然に大鶴義丹 と一緒に仕事をする機会があったそうです。

泰子さんはブライダル関係のお仕事で、たまたま大鶴義丹さんと出会ったということでした。

まったくの一般人があんな著名人とこんな馴れ初めなんて、ずいぶんすごいですね?

しかし、これにはもっと深いわけがありました。

実は泰子さんと大鶴義丹はその時初めて 会ったのではなく、もともと知り合いで と言うか、高校時代の同級生だったんで すね。

元同級生で最初から面識があったなら、納得です。

同窓会で意気投合とか、そういうのは聞きますよね。

ましてや俳優であれば盛り上がるでしょうし、不倫で離婚していた大鶴義丹さんの癒しにもなったのでは(笑)

同級生となると、年齢は大鶴義丹さんといっしょで、今年で49歳でしょうか。

泰子さんを調べると「ブログ」というのも出てきます。

これは、大鶴義丹さんがブログで、弥安さんから再婚をすすめられたのがキッカケで結婚した、と書いたことによるものだそうです。

弥安さんも、多感な年ごろでしょうに、ずいぶん父親想いなのですね!

なお、マルシアさんとは違い、泰子さんとのあいだに子供はいないそうです。

母は病気?事故?

ここまでは嫁や子供を見てきました。 ここからは大鶴義丹さんの両親も見ていきましょう。

まず、母親はだれなのか。

李 麗仙(り れいせん、イ・ヨソン、1942年3月25日 – )は、日本の女優。 東京府生まれ。東京都立広尾高等学校卒業。俳優で小説家の大鶴義丹は実息。

大鶴義丹さんの母親とは、女優の李麗仙さんでした!

あまりに大物でおどろきますね…。

大鶴義丹さんの母親については、「亡くなる」、「事故」、「病気」といった怖いキーワードが出てきますね。

李麗仙さんは今も健在です!

今年で75歳という高齢ながら、事故にも遭わず、病気でもありません。

「病気」については、たぶん以下のような憶測が原因だと考えられます。

「現在は母親である李麗仙さんを含め三人で豪邸に住んでらっしゃるようですが、

いきなり母親との同居をし始めたことからこの番組以降母親が何かの病気なのか?と噂されました。

「亡くなる」、「事故」については、李麗仙さんが、原発事故のドキュメンタリー映画でナレーションをしたのが原因ではないでしょうか?

福島の未来−0.23μSV(マイクロシーベルト)」 「あらすじ:東日本大震災によって生じた福島第一原子力発電所事故以来、福島に暮らす人々の一日は放射能測定器で線量をチェックすることから始まり、それまの生活習慣を変更せざるを得なかった。

そんな彼らを含む全国から集まった17人の市民は、1986年に史上最悪とされる原発事故が起きたチェルノブイリへ向かう。そして、カメラは現在解体作業中の制御室の様子を捉える。

これ以外には考えられませんね。有名人なので勝手な情報が出回るのかもしれません。

特にネット上はすぐにキーワードをが一人歩きする場合が多いので。

芸能人にはよく死◯説が出るので仕方ない部分もあると思います。

父は俳優?

母親が大物女優ということは、父親も大物俳優なのでしょうか。 想像どおりでした!

唐 十郎(から じゅうろう、本名:大靏 義英(おおつる よしひで)、1940年2月11日 – )は、劇作家・作家・演出家・俳優。

長男は俳優・小説家・映画監督の大鶴義丹。

作家としても活躍、『佐川君からの手紙』で芥川賞を受賞。

俳優として自作以外の映画やテレビドラマに出演することもある。

他の演出家への戯曲提供も多い。2012年4月より明治大学客員教授に就任。

唐十郎さんが大鶴義丹さんの父親!

俳優として有名ですが、芥川賞作家でもあり、大学の客員教授までしていました。

ちなみに、李麗仙さんとは離婚したみたいですね。

さて、唐十郎さんには「◯銃乱射」なんていう、映画のワンシーンみたいな物騒なことも出てきます!

そんなことを彼がするはずがないですし、やっぱり映画のワンシーンか何かでしょう。

しかし、そうではありませんでした…。

またもう1つ恐ろしいことに本物の◯銃を使って演劇をしたことがあったそうです。

こちらも銃刀違反というのにあたるようですね。

拳銃に弾は入っていなかったそうですが、でも違反行為はよくないですね。

「◯銃乱射」とはちょっと違いますが、実弾入り拳銃を使ってしまっていました…!

どうしてこんなことになってしまったのか? 人も分からないものですよね…。

自宅住所は杉並?

さて、大鶴義丹さんはどこにお住まいなのでしょうね。

ネットでは「杉並」と出てきますが、ホント…? くわしい住所は分かっていません。

しかし、大鶴義丹さんは、生まれも杉並で、今も杉並に在住しているそうですよ。

杉並は大鶴義丹さんにとって、とても愛着のある街なのではないでしょうか? 一

方、そうなってくると、例の「不倫現場」も杉並だったということに…(笑)

必ずしも愛着ばかりではなく、愛憎のあった街といったほうがいいのかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク
関連記事/スポンサーリンク

シェアする

フォローする