佐藤浩市の息子の画像は?俳優で名前は寛一郎?学校は成城学園?嫁は広田亜矢子?

佐藤浩市

161018-0004

生年月日 1960年12月10日
出生地 東京都新宿区
身長 182 cm
血液型 A型
職業 俳優

大学生の頃から俳優として活動、シリアスなものからお笑いまでどんな役柄にも対応できるベテラン俳優の佐藤浩市さん。

若い頃からあまり髪型や顔つきが変わらない芸能人としても有名かも。

161018-0005

ルックスだけなく演技力はハリウッドでも通用できる日本人俳優の1人ではないでしょうか。

こだわりも強く舞台作品の数多くのオファーは断り、映画やドラマなど映像作品のみ出演するというポリシーを貫いていますね。

自分の演技を客観的に見たときに舞台向きでは無いと思っているからなんでしょうか。

素人から見ると全くその差は分かりませんがプロの職人魂だと思います。

最近では役柄のために年相応の白髪姿を披露して話題にもなりました。

161018-0006

白髪姿も渋くてカッコいいですね。役柄になりきるために体重を増減させたり白髪にしたりとあらゆる犠牲を払うプロ意識に感心します。

佐藤さんと言えば昭和の名俳優、三國連太郎さんの息子としても有名ですね。不仲説や確執について常に噂されていましたが真相はどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

親子の確執はあった?

どうやら二人の間には30年にも渡る確執がありました。芸能界にいてしかも同じ俳優なのに何があったのでしょうか。

161018-0011

父親は名俳優の三國連太郎さん。

161018-0007

本名 佐藤 政雄(さとう まさお)
生年月日 1923年1月20日
出生地 群馬県太田市
身長 181cm
血液型 A型

この年代の人にしては身長が181cmもあり昔から佐藤さんと同じイケメンでした。

161018-0010

目元や髪型も若い頃の佐藤さんと似ています。まあ息子だからあたりまえなんですが(笑)

90歳で天国に旅立たれましたが俳優人生で出演した映画本数は180本以上

西田敏行さんと出演していた「釣りバカ日誌シリーズ」は知らない人はいないのではないでしょうか。

161018-0009

お二人の掛け合いは名人芸の域でしたね。

父親に憧れて佐藤さんは俳優の道を進んだと普通なら思いますがどんな確執があったのでしょう。

161018-0013

2人の間に確執が生まれた原因は三國さんの素行にありました。

というのも、三國さんは幼い佐藤さんをと妻を置き去りにして家を出て行ってしまった過去があるのです。

三國さんが佐藤さんの母と結婚したのは1957年のこと。
それから3年後の1960年に佐藤さんが生まれますが、彼が小学6年生の時に三國さんが蒸発してしまいます。

その後、三國さんは新しい女性と結婚しますが、それは4度目の結婚でした。

つまり、佐藤さんの母親との結婚は三國さんにとって3度目だったということになります。

このことからも分かる通り、三國連太郎という人物は自由奔放な恋愛観だったことが分かります。

父が蒸発してからというもの彼の母親は女手ひとつで佐藤さんを育て上げたのです。

2人の間に確執が生まれた背景には三國さんの不義理な言動と女性関係にだらしのない性格があったというわけです。

プライベートではかなり破天荒ですね。さすが一流俳優、常識を超えています(笑)

昔の芸能界では浮◯や不◯などの女性遊びは「芸能肥やし」と言っていましたが、ちょっとやりすぎですね。

結婚だけで4回なのでその他の火遊びは数えられないぐらいかも。

お母さんの苦労を見ていた佐藤さんがお父さんに怒りを覚えるのは当たり前かと思います。

しかも、実の父が有名俳優なので色んな噂がメディアから流れてくることも苦痛だったと思いますね。

そんな確執がありながらも映画で共演を果たしています。

そんな2人が初めて共演したのは1986年に公開された映画『人間の約束』です。

今作で親子初共演は果たしたわけですが、2人が直接関わりあうシーンはほとんどなかったと言います。

やっぱり制作側も気を使いますね。オファーを断らなかったのは俳優としての意地だったのでしょうか。

そして10年後に再度共演を果たします。

2人が本当の意味で”共演”した作品は1996年に公開された映画『美味しんぼ』でした。

161018-0012

マンガの設定と本人たちの人生が同じで話題にも。親子の確執はあるけど、実力はお互いは認めているという部分がシンクロしていると思いました。

葬儀の時には三國さんの事を佐藤さんは以下のように語っていました。

三國さんが亡くなった当初は「ひどい父親だった」と語っていた佐藤は「それは今でも変わらない」と笑いつつ

「それ以上に僕に残してもらったものがある。僕がここに立って、やりたいと思える芝居をやれるのは三國連太郎という人がいたから」と感謝。

確執が伝えられていた2人だったが「彼から受け取ったものは父親としての人生より数倍濃厚なものだったかもしれない。

自分がどこまで理解しているかわからないけど、それを自分の中で守って行きたい」と瞳を潤ませながら、しみじみと故人を偲んだ。

同じ俳優という道を歩んで行く中でお父さんの偉大さや凄さ、共演する中で父親としての優しさを感じた事がこの発言につながっていると思います。

やっぱり親子なので「不仲」、「確執」というのはいつの間にか無くなっていたのかもしれないですね。もっとたくさん共演作品を見たかったファンも多いと思います。

佐藤さんのプライベートに目を向けてみるとバツイチでお子さんがいるようです。そのあたりをもう少し詳しく調べてみました。

バツイチなの?現在の嫁は?

佐藤さんが26歳、1986年にモデルの女性と結婚。その後3年後に離婚します。

元嫁とは友人の飲み会で知り合ってできちゃった結婚でした。

お子さんとは離婚してから一度も会っていないようです。三國さんのパターンとは少し違いますが佐藤さんの幼少時代と似ている状況かも。

佐藤さんはお子さんと会えない事に関してはかなり辛いと思いますが、子供と合わないことが離婚条件にあるので仕方ないようです。

おそらく元嫁の再婚しているので違う人生を歩んでいると思いますので見守っている部分もあると思います。

この離婚からはしばらく熱愛報道もなかった佐藤さんですが1993年に広田亜矢子さんと再婚します。

161018-0014

身長も高くてキレイな方ですね。舞台女優として活動していましたが結婚をキッカケに引退し今は専業主婦として佐藤さんの俳優活動を支えています。

従姉妹は女優の広田レオナさん。

161018-0016

お二人の仲は大変良くレオナさんの舞台には必ず見に行っているようですね。

広田亜矢子さんの夫婦愛にまつわるエピソードが感動的

佐藤浩市の母親が倒れて認知症を患った時も亡くなるまで献身的に介護を続け、佐藤が全力で仕事に打ち込める環境を作っていました。

信頼関係があるからこそ佐藤も自分の母親を全面的に任せられたと思います。

その他にもこんな泣けるエピソードも

映画「愛を積む人」の公開初日の舞台挨拶では、広田亜矢子さんから佐藤浩市さんへサプライズの手紙が読まれ大きな話題を呼びました。

161018-0017

結婚した当初、身体があまり丈夫でない私は、「自分が死んだら保険金で好きな映画を作ってね」とあなたに言ったことがありました。

今の私は違います。

年前に浩市さんからいただいたお手紙にあった

僕は一生あなたの味方です」という言葉を今も忘れません。

私の一番の味方は浩市さんです。

だからどんな困難も乗り越えていけます。浩市さん、私は浩市さんを1人にしないように、浩市さんよりも1日でも長く生きることを約束します。

プライベートを公表しない佐藤さんですが献身的な奥さんの姿や人間力の高さがわかる手紙ですね。さすが佐藤さんが選んだ奥さんです。

何気ない日常が幸せだということを考えさせられます。この二人が離婚するはありえないでしょね(笑)

子供は何人?年齢は?名前は?かっこいい?

前妻との間に1人いますが、広田さんとの間にも息子さんが1人います。

名前は寛一郎さん

現在ではあまり見かけない名前ですが佐藤さんのコダワリがあったのでしょうか。

そもそも佐藤さんの息子さんがイケメンだと話題になったキッカケは三國連太郎さんの葬儀。

その時、顔がはじめて公表されました。

その時の画像がこちらです。

161018-0018

ジャニーズ事務所に入所できるぐらいイケメンですね。さすが美男美女のDNAを引き継いだお子さんです。

年齢は21歳。名前は「りょん」「かん」など色々と噂がありますが真相は不明

学校はお受験をして幼稚園から成城学園。

大学に在学しながら舞台俳優として活動しているとの情報がありましたが、俳優デビューが決定して活動を開始しています。

学生時代はあどけない感じでしたが大人になってさらにイケメンになっていました。

俳優の道を選んだ理由についてこのように語っています。

今年俳優デビューが公表され、すでに3本の映画に出演しさっそうと銀幕に現れた新星・寛一郎。

俳優・佐藤浩市を父に持つ彼にとって「俳優」という職業はずっと否定し続けていた道だったというが、その一方でそれ以外の道を歩むことを考えたことは一度もなかったという。

超一流の俳優なので葛藤があったと思いますが、やっぱりお父さんへの憧れが寛一郎さんを突き動かしたのかもしれませんね。

親の七光りと言われないように引き続き修行をしてアカデミー賞を目指して頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク
関連記事/スポンサーリンク

シェアする

フォローする