南果歩の元旦那は?韓国人で旧姓は?乳がんのステージ?子供は何人?息子の画像は?

今回もあの有名人の嫁や子供に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

南果歩

女優で、渡辺謙さんと結婚して杏さんの義母となったことでも話題の、南果歩さん。

ネットで調べると、やたらと「韓国」ということが…?

渡辺謙さんの前の夫や、子供、乳がんなど、彼女に関する気になる情報を調べてみました。

今まで知らなかった意外なことばかりで、あなたもおどろいてしまうかも。

韓国人なの?旧姓は?

南果歩さんを検索すると、「韓国」というキーワードが目立ちますね?

芸能人で韓国系ではないか?と疑われている人はたくさんいます。

ガセネタも多いですが、中には本当だったというケースも。

南果歩さんの場合は、果たしてどうなのでしょう。

どちらかといえばウソの情報が多いですし、誤解ではないですかね。

と思っていたのですが…。

2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で母親が韓国人であることを告白した。

「2012年12月24日放送のNHK総合のドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』では一族が取り上げられた。

母方の祖父は韓国慶尚北道出身で両班の家系、さらにさかのぼると唐の役人であったと称している(南敏、英陽南氏)。

祖父は剣道具職人であったが、貧困から1937年に和歌山市に移住、1940年家族を呼び寄せ、京都市に転居し、終戦後、尼崎市の在日町に転居、大阪市で廃物商を営み1981年死去。

韓国に埋葬された。両親は離婚している。

ビックリ仰天です!

本人が発言しているわけなので、事実ですね。

祖父の家系とか人生とか、かなり具体的なことまでカミングアウトしていました。

そういうわけで、母親が韓国人だった南果歩さん。

韓国系だと疑われていたためか、旧姓も話題でしたが、これは「」で、芸名といっしょ。

も今では結婚して「渡辺」というわけでした。

韓国関連では「」とか「」というのも見られますが、これは、いったい…?

かなり失礼な話で、耳の形や顔の作りなどが、日本人ではなく韓国人みたいだということだったようです。

事実、南果歩さんは韓国人の血を引いてはいますけどね。

尼崎」というのも出てきますが、これは本人の出身地・兵庫県尼崎市のこと。

旧姓ではありません(笑)

元旦那は?馴れ初めは?

現在は渡辺謙さんが旦那の南果歩さん。

でも、彼女は初婚ではなく、再婚だったのです。

南果歩さんの元旦那とは…?

辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、1959年10月4日 – )は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。所属事務所はタイタン。

女優の南果歩と再婚、一児を授かるが、後に離婚。

南果歩さんの元旦那とは、芥川賞作家の辻仁成さんでした!

ちなみに彼の元嫁には、中山美穂さんもいたんです。

2002年に女優の中山美穂と3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。

若々しい印象が強いわりに、あと2年で還暦と、年齢は結構なものなんですね!

作家として数々の文学賞を受賞しつつ、音楽活動、さらには大学客員教授など、多岐に渡ってご活躍!

こんな旦那の次が渡辺謙さんとは、あらためて南果歩さんの魅力を実感させられます。

では、馴れ初めや離婚理由とは…?

二人の馴れ初めは、辻仁成さんの作品の一つである「クラウディ」であったと言われています。

「クラウディ」(1990年発表)という小説は「亡命」をテーマの一つとして取り上げられた、わりと初期段階の辻仁成さんの作品です。

そこから二人は恋に落ち、結婚。

小説がキッカケで結婚したとは、なんとも美しい話です。

そんな2人が離婚したのはどうしてかが気になりますね。

辻仁成さんの作家としてのスランプとか、小説がらみでしょうか。

わずか5年の結婚生活に終止符を打った南果歩さんと辻仁成さんですが、その離婚原因は辻仁成さん側の不倫でした。

不倫相手は、なんと2013年に三谷幸喜さんが再婚した元女優のyumaさんです。

こちらは生々しい理由だったようで…(笑)

不倫相手が三谷幸喜さんと再婚というのも、辻仁成さん、ひいては南果歩さんの大物ぶりを感じさせます。

不倫しなければ文句なしだったと思いますけど(笑)

子供は?名前と年齢は?

上述のように、辻仁成さんと南果歩さんのあいだには子供がいました。

次は、その子供について見ていきましょう。

ネットでは「障害」とか出てきますが、その理由とは…?

息子を出産するときは本当に 大変だったそうです。

出産は帝王切開だったようですが、 その時は生死をさまよい、長時間での 出産となったとか。

そんな情報もあったからでしょうか?

以前からネット上で息子は障害児 ではなんて言われているのです。

障害というのはガセネタだったみたいです…。

でも、息子は、ネタ元のように、本当に危険な状態で生まれてきたのですね。

無事に生まれることができてよかったです。

息子の年齢や学校はどうなのでしょうか。

サンフランシスコ」なんてものも出てきますね。

まさか、サンフランシスコの大学に入学したのでしょうか?

そして、2014年9月に当時19歳(現在は21or22歳)の息子がアメリカに留学。

2014年に19歳なら、2017年で22歳。

留学とはいえ、サンフランシスコとは豪華です!

大学だったら、そろそろ卒業も近づきますし、帰国するのでしょうか?

名前については分かっておりません。

でも、辻仁成さんが父親なら、わりと個性的な名前なのかもしれませんね?(笑)

乳がん?ステージは?

最近、今井雅之さん、川島なお美さんなど、若くしてがんで他界する芸能人が多いですよね。 小林麻央さんなど、闘病中という人も…。

実は、南果歩さんも「乳がん」と言われていました。 本当なのでしょうか?

2016年3月11日に乳がんのステージ1の診断により手術を受けた。

本当だったのですね…。 しかし、こういっては何ですが、ステージが1で不幸中の幸いでしたね。 事実、南果歩さんは現在、復帰を果たしていました。

今年2月にステージIの乳がんを告知されたものの、手術を受けて2か月後には職場復帰を果たした女優の南果歩(52才)は、少し前のインタビューで、仕事復帰した後の心境をこう吐露していた。

《最近では、もうちょっとできるはずなのに、と思いながら休まなくちゃいけなかったり…。

体力的にというより、精神的にきついな、と思うことが正直あります。抗ホルモン剤は、更年期障害に似た症状を引き起こすんです。

この薬を、5年間飲み続けなくちゃならない》(『HERS』9月号)

手術もさることながら、薬物による治療も相当苦しかったでしょう。

息子といい、強運だといえるかもしれません。

南果歩さんがかかった病院名は特定できませんでした。

がんでステージがいってしまっている場合、専門の巨大な病院やホスピスなどへ入ります。

でも、彼女のように早期に回復できたなら、そういうところではなかったのでしょうね。

自宅は世田谷区?

南果歩さんや渡辺謙さんレベルなら、自宅も豪勢なのでしょうね!

まさか借家とか賃貸マンションではないでしょう…(笑)

調べてみると、「世田谷」、「祖師ヶ谷大蔵」、「豪徳寺」などとありますが…?

やっぱり豪邸だったようですよ!

その後、2015年8月に夫妻は、東京・世田谷区の閑静な住宅街にある6億円豪邸へ引っ越します。

そしてそして、そこに南果歩の母親と姉までも一緒に暮らしはじめます。

世田谷はもとより高級住宅地ってイメージ。 そこにきて「6億円」はヤバい…! 税金もヤバそうですが、それでも余裕しゃくしゃくって感じでしょうね。

ところで、南果歩さんの実家ですが、母や姉までこの豪邸に同居となると、ここが実家? (夫といっしょの)自宅兼(母といっしょの)実家ってすごい話ですよね(笑)

こういうこともあってか、義理の娘の杏さんとはひと悶着あったとか。

でも、現在、2人の関係は改善されたとのこと。 今後もうまくやっていければいいですね。

スポンサーリンク
関連記事/スポンサーリンク

シェアする

フォローする