板尾創路の子供の名前は?障害で突然死した?娘の死因?ガキ使の嫁シェリーは本物?

板尾創路

160617-0001

本名 板尾 創路
ニックネーム イッツジー
生年月日 1963年7月18日
出身地 大阪府富田林市
血液型 A型
身長 177cm
最終学歴 東大阪大学柏原高等学校卒業
出身 吉本総合芸能学院(NSC)大阪校4期

ミステリアスで難解な笑いを繰り出して人気が衰えない板尾創路さん。

今ではお笑いだけでなく舞台やドラマ、映画監督まで幅広く活躍していますね。

最近では俳優として見かける機会多いように思います。

160617-0002

お笑いタレント出身で俳優として成功している内の1人ではないでしょうか。

脇役が多いですがどこか引き込まれてしまう魅力があります。

本人は俳優についてどう思ってるの?

芸人としてはもちろんですけど、役者としても唯一無二の存在感を出している方だと思うんですけど、役者としてはどのように役に臨まれているんですか?

【板尾】 そうですね~(熟考)。現場に入ってみないと分からないというは絶対にありますからね。もちろん、事前に台本を読んで現場には臨みますけど、自分がこの役の立場だったらという観点から役を作っていくことは、僕は出来ないです。

やっぱり自分の経験則だけで役に臨むのは危険ですからね。

独特な哲学があるんですね。

凶悪な役柄は個人的にははまり役だと思っています。

それでは子供に迫っていきたいと思います。

まずはガキの使いでよく共演しているあの外国人女性は本当の嫁なんでしょうか。

スポンサーリンク

シェリーは本当の嫁?

まず板尾さんの奥さんとして思い浮かべるのはこの人ではないでしょうか。

160617-0003

夫婦でシュールなコントをしているところをよく見ます。

夫婦の設定としてコンビを組んでいる?

「もちろんそうよ」「その発想はなかったわ」などの発言や、マドンナの曲にのせて踊る奇妙なダンスなど強烈なインパクトでガキの使い屈指の名物キャラへと成長した。

なお途中「板尾の嫁」は何度かキャストが変更しているが、ダンスなどを披露して人気になったのは3代目の本名・シェリーという女性であり、途中出産により2007年の企画を最後に降板したが2011年に復帰した

嫁が何度か変わっていんですね。マニアしか分からないかもしれません。

しかも産休明けに復帰(笑)よほどはまり役でかなりの需要があったんですね。

ちなみに板尾さんの歴代の嫁について少し調べてみました。

[初代]
1999年〜2000年
ブラジル生まれ。娘の名は晴海。チャッキーの物まねで有名。
板尾曰く「ブラジルへ帰った(離婚)」

[二代目]
2001年〜2002年
フランス生まれ。回転寿司工作の後行方不明。

[三代目・七代目]シェリー
2004年〜2007年
2011年〜
インド生まれ。娘の名は紗理奈。インド舞踊のステップを中心としたダンスが得意。
途中で一度離婚したものの、復縁。娘(なぜか晴海)とともに再び出演。
歴代嫁の中で唯一、詳細な経歴(真偽不明)が設定されている。

[四代目]
2008年〜2009年
スウェーデン生まれ。虚弱体質気味な金髪の娘は名前不明。
ダンス(エアロビクスのステップ)が得意。「勃起王」の売り込み後行方不明。

[五代目]
2009年
出生地不明。黒髪の娘は名前不明。金髪のウィッグとつけまつ毛が特徴。
「暑いわぁ汗ばむわぁ」が口癖。

[六代目]
2009年〜2011年
出生地不明、ヨーロピアン顔。アジア顔の娘は名前不明。
「その言葉、胸に刺さるわぁ」が口癖。

160617-0004

どうでもいい情報ですが7代目の嫁なんですね(笑)

やっぱりシェリーが再起用されたのは視聴率が取れたから?

それとも板尾さんの熱烈なオファー?

どちらにしても素人とは思えない思い切りの良さはインパクト大です。

板尾さんの嫁は外国人ではないことがわかりましたが本当の奥さんはどんな人なんでしょうか。

本物の嫁はどんな人?馴れ初めは?

それでは本当の嫁は一体誰なんでしょうか。

板尾さんの嫁の国籍は日本人

年齢は板尾さんよりも8歳年下で職業はOLさん。

人気のお笑いタレントといえばモデルや女優と結婚しているイメージがありますが板尾さんは同じ業界の人は嫌だったみたいですね。

奥さんはお笑いには全く興味がなくテレビもほとんど見ない人らしいです。

家庭で芸能界の話題が全く出ない状況は仕事とのメリハリがついて板尾さんにとっては居心地が良いのかも。

出会ったキッカケは板尾さんが東京に進出した時に共通の友人の紹介でした。

そして2年ほどの交際期間を経て1998年に結婚しています。

結婚当時、板尾さんが35歳で奥さんは27歳。

年齢以外の奥さん情報(画像や名前)については一般人のため公表されていませんでした。

結婚式も親族と仲の良い芸人だけで行われたようです。

子供は何人?名前は?学校は?

一般女性と結婚した板尾さんですがお子さんは授かっているのでしょうか。

調べてみると2人のお子さんが誕生していています。

しかし長女はある理由で旅立っていますので現在は1人のお子さんがいます。

長女について詳しく調べてみました。

長女が07年9月21日に第1子として誕生

不妊治療を頑張り結婚9年目に授かった待望のお子さんということで夫婦で泣いて喜んだようです。

名前は英美(えみ)ちゃん。160617-0005

寝顔がめちゃくちゃ可愛いですね。天使のような感じですね。

しかし、1歳10ヶ月で旅立ってしまいます。

理由については「生まれつき障害があった?」、「交通事故にあった?」

という色んな噂はありましたが真相はどうなんでしょうか。

板尾創路が「24時間テレビ」に出演し、乳幼児突然死症候群で1歳10カ月でこの世を去った長女・英美(えみ)ちゃんについて語った

娘亡き後、前に進むことのできない喪失感に襲われながらも、時が少しずつ夫婦の悲しみを癒していく姿が明かされた。

長女を襲った病とはどんな病気なんでしょうか?

乳幼児突然死症候群は、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死◯してしまう病気。

症状が全く出ないので気づかない病気なんですね。

ベッドで変わり果てた長女の姿を発見した時のはかなりショックだったと思います。

でもそのショックを乗り越えて、世間にこの病気を認識してもらい、同じ不幸が少しでも減少したらと思いカミングアウトした板尾さんはスゴイと思います。

ハッキリとして原因は解明されていませんが以下のことが効果があると言われています。

うつぶせ寝にしたり、赤ちゃんの側で喫煙をしないようする。

単純なことですが少しでも発生確率が減らせるのであれば板尾さんの思いを汲んで実践するべきだと思います。

そして長女の旅立ちから5年後の2012年、赤ちゃんを授かります。

第2子となる3670グラムの二女誕生を所属事務所を通じて発表した。

Twitterでは「ママと赤ちゃんは本当によく頑張ってくれました。

感謝してます 亡くなった娘も妹の誕生に喜んでくれてると思います。」とコメント

何事も長女と共に生きてきた意識が板尾さんにあるんですね。

板尾さん夫婦が悲しんでいる姿は長女は望んでいないと考えてたくさんの事を頑張ってきた姿が思い浮かびます。

そして新しい命を授かった時は奇跡と感じたと思ったに違いありません。

板尾さんコメントからわかりますね。

2人の間に誕生した次女のピピちゃん(愛称)が再び「4人家族の幸せ」「命あってこその幸せ、家族がそばにいる尊さ」を教えてくれたという。

板尾は「当たり前のことは普段は気づかない。

ボクは生きていくことは辛いことだと思うけれど、生きていくことは凄い素晴らしいことだと思う」としみじみ語った。

「ピピちゃんは英美ちゃんに似ているか?」と問われた板尾は「10回に2回は名前を間違えます」としんみり。

ちなみに次女のピピちゃんも不妊治療で誕生したようです。

「ママの人工授精が一応成功して、今7週目に入っているようだ。

エコー写真も見たけど、ハッキリ影が写っていて、ママは心臓の音も病院で聞いたそうだ」

次女について顔の画像についてはありませんでした。

都内の幼稚園に通っており和光学園ではないかという情報があります。

板尾さん監督の映画で芸能界デビューなんてこともあるかもしれないので今後の動向に注目していきましょう!

スポンサーリンク
関連記事/スポンサーリンク

シェアする

フォローする