和泉元彌の嫁は羽野晶紀?現在の収入源は?ダブルブッキング?母が原因で離婚?

和泉元彌

160821-0003

本名 山脇 元彌(やまわき もとひさ)
生年月日 1974年6月4日(42歳)
出生地 岐阜県
血液型 A型
職業 狂言師(自称和泉流二十世宗家)、俳優、尚美学園大学講師
ジャンル 舞台、テレビ番組など
活動期間 1977年 – 現在
活動内容 1977年:初舞台

ダブルブッキング嫁姑戦争などワイドショーを賑わせていた和泉元彌さん。

小学から大学まで青山学院、小さい頃から狂言の舞台に立ち由緒ある家柄の出身でした。

しかし順調だった芸能生活はお家騒動で一変します。

1995年に父親が逝去し、「和泉流二十世宗家 和泉元彌」として名乗り始める。

しかし能楽協会・能楽宗家会・和泉流職分会は和泉元彌さんを宗家とは認めていません。これがいわゆるお家騒動です。

歴史がある業界では「本家を名乗る」、「無断で独立」など色々と問題があるみたいですが世間にここまで広がった原因は、元彌さんの母である節子さん(通称セッチー)でした。

160821-0006

歯に衣着せぬ発言ぶりで有名になり、“セッチー”の呼び名がついた。フジテレビ系「笑っていいとも!」に一時、レギュラー出演。

このインパクト大のこの顔はいつまでも忘れません(笑)

マネージャーのように息子にいつでも寄り添い子離れできない象徴のような人でしたね。

160821-0007

いろいろ批判受けて能楽協会を除名されても、個人事務所を立ち上げて独自で公演を行うなどへこたれない精神力と行動力は半端ないです。

ここまで強引な母親だと元彌さんも頭が上がりませんね。

一人っ子で可愛がられすぎているのかと思っていた2人の姉がいました。

160821-0009

お姉さんは素朴な感じの方ですね。

それにしてもどこにでも顔を出すお母さん(笑)怪しい宗教に見えてきました。

やっぱり和泉家の大黒柱はお母さんなんですね。

この一連の騒動で元彌さんに注目が集まり身長の詐称疑惑も出るなど違った意味で売れっ子になりました。

ちなみに身長は公称171cmでした実測したら168cmとプライドを傷つけられる結果に。

イケメンで身長が高いイメージを保ちたかった元彌さんにとっては一番つらかった事件かもしれないですね。

スポンサーリンク

ダブルブッキング事件とは?

160821-0010

お家騒動の他にダブルブッキング事件も大きな話題となりました。この事件の発端もやはりあの人でした(笑)

和泉元彌さんの母親で、マネージャーでもある母親の節子さんが、こなせそうにもないような、ありえないスケジュールの仕事、同日に二重の予定をを入れて、挙げ句にドタキャンしたりした、という件です。

元彌はなんと岐阜県可児市と新宿コマ劇場という400㎞超も離れた場所で、1日に2公演というあまりに無謀なスケジュールを組んでしまう。

「ヘリコプターと小型ジェット機をチャーターして約400㎞を移動。なんとか2公演をこなしましたが、ワイドショーは元彌とセッチーの移動の様子を、ヘリを飛ばして追跡生中継するなど、お祭り騒ぎでした。

9月には岡山市と長野県での3公演を消化するため計約820㎞の大移動を敢行。元彌氏のスケジュールは、すべて節子さんがメモ帳のようなもので管理していたんですが、雑然とした走り書きばかりでダメダメなんです。

それなのに元彌はダブルブッキングを認めず『完璧なスケジュール』と胸を張っていた

彼らに一体何があったのでしょうか(笑)

そこまでして稼がないといけない理由があったのかもしれないですね。

この人気がいつまで続くかわからないので一気に稼ごうみたいな。

それにしてもこの移動を生中継するワイドショー側もどうかと思います。

平和な証拠でいいのかもしれませんが。

この騒動以降、テレビ局側もオファーを出さなくなり仕事が激減します。

そして何を思ったのかプロレスにまで仕事の幅を広げます。

160821-0008

狂言チョップが必殺技とか。。ここまでくると可哀想になってきます。本人は真剣だと思いまがちょっとキャラがブレ過ぎですね。

芸風に迷走していた元彌さんですが私生活では結婚して子供もいます。

嫁はどんな人?馴れ初めは?

2002年1月にタレントの羽野晶紀さんと結婚します。

160822-0001

羽野 晶紀(はの あき、1968年8月22日 – )は、日本の女優、タレント。

本名、山脇 晶(やまわき あき)旧姓、羽野。

京都府宇治市出身。

京都府立西宇治高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科中退。

血液型B型。

羽野さんも若い頃は濃いキャラだったので好き嫌いがハッキリ分かれるタレントでした。

160822-0002

羽野晶紀が嫌い あのわざとらしい関西弁とキンキンした声が耳障り わりと好感度高いみたいだし言う機会もないから言えない

ちょっとヤンキーが入っているように見えますが当時はアイドル的な扱いだった思います。

出会ったキッカケは?

舞台「ロミオとジュリエット」で共演して元彌さんが一目惚れして猛アタック。

お母さんに隠れて交際を続けていたとか。高校生みたいな恋愛ですね(笑)

しかもこの結婚ができちゃった婚だったので節子さんの逆鱗に触れます。

和泉節子さんの見た目のインパクトも強いのですが、考え方も強烈でした。

とある番組で、独自の価値観を披露し世間から批判されている節子さん。

“嫁のお腹は借り物”
”嫁にもらって頂いた“
などなど…。

確かに昔はそのような考え方があったのかもしれませんが、この現代でこの発言は時代錯誤も感じられるほどのインパクトですよね。

羽野さんもいろいろな噂を聞いていたので覚悟して結婚したと思いますがやっぱりきつい言葉ですよね。

嫁姑の問題に元彌さんがちゃんとフォロー出来るか周りが心配していたとか。

結婚当初から離婚報道がされていましたが現在はどうなんでしょうか。

160822-0007

家庭内のトラブルが良く表面化するだけあって、結婚した2002年からずっと離婚の危機が騒がれていたりしました。

2007年には別居も報道され、離婚するのではないかと話題になりました。

ですが、いつの間にか元に戻っていたりして、結局、現在でも離婚とかはしていないみたいです。

羽野晶紀が当時5歳の長女と3歳の長男とともに、夫・和泉元彌と暮らしていた家から夜逃げ同然で飛び出したのは2007年の秋のことだった。

「当時姑の節子さんと晶紀さんとの確執が表面化し、離婚秒読みか?なんて騒がれました。

でもその後、元彌さんが別居先の家に何度も足を運んだことで、なんとかモトサヤに収まったんです」

やっぱり子供の存在って重要ですよね。

お互いの感情で子供たちに悲しい思いをさせたくないと思ったに違いありません。

また女性は母親になると強くなりますからね。節子さんの苦言やイビリに動じなくなっていたとか。

子供は何人?名前は?年齢は?学校は?

二人の間には二人のお子さんがいます。性別は男の子と女の子

一部ネット上ではダウン症では?という情報がありましたが本当なんでしょうか。

ではそれぞれのお子さんについて見てきましょう!

まずは長女から。

2002年4月28日には長女、采明(あやめ)ちゃんが誕生。

160822-0004

めちゃくちゃ可愛いです。さすが両親が美男美女のお子さんです。

既にお母さんとテレビ出演もしており芸能界デビューも近そうです。

これだけ可愛いので美人になることは間違いないかも。

今後の成長が楽しみですね!

学校はどこに通っているの?

現在、中学生の采明ちゃん。小学校のお受験で筑波大学附属小学校を受験しましたが不合格。私立は諦めて公立の関口台町小学校へ入学。

リベンジのお受験で見事に成城学園に合格。

お子さんには一流大学に進学して欲しいのでしょうか。

羽野晶紀さんの教育ママぶりが伺えますね。

ちなみに元彌さんも同じ意見だとか。

子供の教育で対立する夫婦も多いので同じ方向を向いていることは大切だと思います。

続いて長男。

2007年に元聖(もときよ)くんが誕生

160822-0005

今はかわいい感じですがイケメンに成長する予感がしまう。

現在、小学生ですがお姉ちゃんと同じ関口台町小学校に通っています。

すでに初舞台も踏んでいます。

160822-0008

今後は狂言師として活動していくと思いますので頑張って欲しいですね。

最近ではイクメンのキャラで有名になった元彌さん。

子供たちの学校でPTA会長も務めていたとか。

160822-0009

ここ最近、運動会や授業参観などの学校行事に姿を見せるお父さんは増えてきたものの、PTA活動に参加しているとなるとまだまだ少数派でしょう。

そんな中、狂言師で2人のお子さんを持つ父でもある和泉元彌さんは、お子さんが通う小学校のPTA会長に就任。

日々のお子さんの送り迎え、父兄参観、運動会など仕事以外は子供との触れ合いに時間を使っています。

地方公演が多く出張が多いと思うので子供の成長を肌で感じたいと思っているのではないでしょうか。

節子さんの年代なら嫁は家庭を守って子育てをするものだと思いますが、母の呪縛から解き放たれて干渉を受けずに子育てできているようですね。

親子4人でテレビ共演の可能性も近々あるかもしれません。

芸能一家に生まれた子供達の活躍に注目ですね。

スポンサーリンク
関連記事/スポンサーリンク

シェアする

フォローする